鰤のおはなし

ブログ

2012/12/12

鰤のおはなし

こんばんは、アシスタントの平山です☆
今日は旬の食材「鰤」のお話♪♪
成長するにつれて呼び名がかわるため、俗に「出世魚」と呼ばれ縁起物としてお正月料理にもよく使われます。
関東では「わかし(わかなご)→いなだ→わらさ→ぶり」、関西では「わかな→つばす→はまち→めじろ→ぶり」、日本海側では「ふくらぎ(つばす、つばいそ)→いなだ(やず)→はまち→ぶり」と、土地によって変わるそうです。おっ、覚えきれない(*_*)
旬は11月から2月にかけて。とくに、漢字で魚偏に師と書いて「鰤」(ぶり)と読まれるのも、「師走のころからおいしくなるから」という説があるほど、“寒鰤”は脂がのって最高の味ですよね。



それにしても、先日の清水先生の鰤照焼き美味しかったなぁ・・・
親戚が鰤の養殖屋さんなので毎年実家に絶品鰤さんを送ってくれるのですが、あんなにふっくらジューシーな鰤照焼きを食べたのは初めてでした!調理の仕方で素材のよさをまだまだ引き出せるんだなぁ・・・お料理ってすごいなぁ。
まだ余韻から抜け出せない平山でありました^^; 
みなさんもOSAKA DELICIOUSで、お料理のいろんな発見楽しんでくださいね*\(^o^)/*

大阪 料理教室 OSAKA DELICIOUS

コメントは停止中です。