肉のあらゆる部位を炭火で焼いたブラジル代表料理は「シュハスコ」。

ブログ

2013/04/17

肉のあらゆる部位を炭火で焼いたブラジル代表料理は「シュハスコ」。

こんばんは、アシスタントの平山です!

ブラジル・サンパウロ滞在2日目。まるっと時差12時間!ささささすがに遠い国です〜(°_°)

それにしてもブラジル料理といえば、お肉!ですよね。
肉のあらゆる部位を炭火で焼いた代表料理は「シュハスコ」。専門店は「シュハスカリア」と呼ばれ、目の前で好きなだけお肉を豪快にカットしてもらえます(*^^*)

テーブルに各自置く札があって、お腹いっぱいで休憩〜もういらないよ〜なら赤い面を。もっと食べます!なら緑の面を表にすると、それに応じてお肉をサーブしてくれます(*^^*)

広大な国土(日本の約23倍!)を持つブラジルには、バラエティ豊かな郷土料理があり、まだまだ未知の食べ物が盛り沢山。

世界の料理がブラジル流にアレンジ&探求されているのも移民グルメの特徴なんですね。

明日はさらなるブラジルの秘密を探るべく、市場を探検に行ってきますよ!とっとも楽しみで〜すp(^_^)q

 

コメントは停止中です。