北海道旅行記vol.2 byスケナガ

ブログ

2013/06/04

北海道旅行記vol.2 byスケナガ

こんばんは!助永です(^-^)
今回は、北海道レポート!?第2段、ラーメン編です♪始まりですー♪

深夜すすき野の炉端屋の帰り、この後のために残しておいた別腹を満たすために、一路すすき野内を移動。
ネオンと喧騒を通り抜け、とあるラーメン屋へ。
のれんの外から既に美味しい匂いが…。お店の名前は「けやき」。
席に着くと作り手の手元は見えませんが、中華鍋らしきものをふるい炒める音がしました。
やがて目の前に置かれたラーメンに、ひとまず感動。
お酒で暖まった体を熱いスープがさらに暖め、少し寒い札幌の夜を過ごしやすくしてくれました。
沢山のった野菜の炒め加減や、スープの滋味。1杯ずつ中華鍋で作る愛情深さを感じました。

昨晩の感動を忘れる暇もなく次の日のお昼、札幌から電車で数分の「彩末」へ。
のれんくぐり、黙々と麺をすすり真剣に麺と対峙するカウンター客を見ると、もう美味しいの太鼓判を押したくなります。
こちらは太縮れ麺との相性が考え抜かれた王道スープといった感じ。
壁には道場六三郎さんや、脇屋さんといった日本の料理界の巨匠が店を絶賛する色紙たち。
大物をうなずかせる王道かつ王者の味。濃厚なスープに存在を主張する生姜がよく効いていました。

どちらの店も本当に美味しくて(><)札幌ラーメン好きになりました♪北海道で頂いたからこそ何倍もおいしく感じたのでしょうね!おススメのお店ですので皆様機会がございましたら、是非どうぞ

 

写真: こんばんは!助永です(^-^)
今回は、北海道レポート!?第2段、ラーメン編です♪始まりですー♪

深夜すすき野の炉端屋の帰り、この後のために残しておいた別腹を満たすために、一路すすき野内を移動。
ネオンと喧騒を通り抜け、とあるラーメン屋へ。
のれんの外から既に美味しい匂いが…。お店の名前は「けやき」。
席に着くと作り手の手元は見えませんが、中華鍋らしきものをふるい炒める音がしました。
やがて目の前に置かれたラーメンに、ひとまず感動。
お酒で暖まった体を熱いスープがさらに暖め、少し寒い札幌の夜を過ごしやすくしてくれました。
沢山のった野菜の炒め加減や、スープの滋味。1杯ずつ中華鍋で作る愛情深さを感じました。

昨晩の感動を忘れる暇もなく次の日のお昼、札幌から電車で数分の「彩末」へ。
のれんくぐり、黙々と麺をすすり真剣に麺と対峙するカウンター客を見ると、もう美味しいの太鼓判を押したくなります。
こちらは太縮れ麺との相性が考え抜かれた王道スープといった感じ。
壁には道場六三郎さんや、脇屋さんといった日本の料理界の巨匠が店を絶賛する色紙たち。
大物をうなずかせる王道かつ王者の味。濃厚なスープに存在を主張する生姜がよく効いていました。

どちらの店も本当に美味しくて(><)札幌ラーメン好きになりました♪北海道で頂いたからこそ何倍もおいしく感じたのでしょうね!おススメのお店ですので皆様機会がございましたら、是非どうぞ♪

コメントは停止中です。